第四回 磯部史子さん 大手アパレルブランド 福岡地区百貨店 販売スタッフ|アパレル・ファッションの求人・転職・派遣ならiDA

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

第4回 WWD掲載 輝く販売員をさがせ

思っていた以上にスムーズに就業先が決定。充実のバックアップで安心して働けます磯部史子さん/大手アパレルブランド 福岡地区百貨店 販売スタッフ

磯部史子さん/大手アパレルブランド 福岡地区百貨店 販売スタッフ

PROFILE:在学中にバッグの販売のアルバイトをし、卒業後、シューズの販売を約1年半経験。2011年10月にIDAへ登録。同月から就業をスタートし、現在に至る

「働いていたショップの近隣店舗で勤める人からIDAの事を聞いて、登録に行ってみました」と磯部史子さん。IDAに登録したきっかけは、周りの口コミでの評判だった。「もともとファッションに興味があり、姉がファッションの販売の仕事をしていたことから、自分も販売をやってみたいと思っていました。学生時代にバッグ、卒業してからシューズのショップで働きましたが、トータルにファッションを提案できるようになりたくて、次はアパレルにチャレンジしたいと考えていました」。初めて挑む分野で、どうしていいかわからない、そうした時に「相談に乗ってもらえ、就業先として自分に合う、いろいろなブランドが提案してもらえるよ」と周囲からIDAを勧められたという。早速IDAに面談に行き、担当コーディネーターと相談し、その日のうちに希望するブランドに巡り合った。数日後、担当者と顔合わせをし、晴れて希望していた大手アパレル会社のブランドに就業が決定。「思っていた以上にスムーズに決まってビックリしました。就業前研修(スタンダードトレーニング)で、知識やマナーの再確認ができましたし、就業先に関しての説明も詳しくあったので、勤務初日は比較的不安が少ない状態で売り場に立つことができました」。

就業開始から1年が経過し、顧客心理と販売テクニックを学べる、スキルアップトレーニングも受講した。「ディスカッションなどを通して、ほかのスタッフが自分とまったく違う観点からアプローチしていることを知り、その考え方を取り入れみようと思いました。いろいろな人の意見を聞くことによって、自分の接客の幅が広がったように思います」。

人としての幅を広げたい

就業からもうすぐ2年。若い女性に人気のブランドの売り場で活躍し、「今、すごく楽しいです」と目を輝かせる。「お客様自身も気付いていないような、その人の魅力を引き出すことができ、意外性のある商品を提案できたり、新しさを伝えられるなど、販売の仕事にやりがいを感じています。リピーターや遠方からわざわざ来てくださるお客様がいると、モチベーションが上がります」。気をつけていることは、「どんなお客様も心地良くお買い物を楽しんでもらうこと」だという。「自分が買い物に行ったときに、いい服を見つけても販売員の対応が良くないと、そのお店で買うのをやめてしまう事もあります。販売員の対応が原因で買ってもらえない事はとても残念だと思います」。

今後の目標としては「『私から買いたい』というお客様を増やす」こと。9月にはブラッシュアップトレーニングも受講予定だ。「やはり信頼されることは、大きな喜びです。この業界で長く働きたいと思っています」。また、プライベートの充実も模索する。「人としての幅を広げたいです。行動範囲を広げて、自分自身の内面を充実させることが、人としての魅力やトークの面白さにつながっていくと思っています」。

就業先からのコメント

販売に対するモチベーションが高く、お客様の目的に合わせた提案や新しい提案をすることができ、立ち居振る舞いまで細かく気を配り、対応が非常に丁寧です。客数が多く、忙しい店舗ですが、自分にできることを考えながら、率先して行動してくれています。顧客からの評判がよく、スタッフからも信頼のとても厚い人材です。